Just another melancholic director's diary

メンヘラ部長日乗

「 投稿者アーカイブ: 」 一覧

英語の学習方法にかんして

2018/03/18   -未分類

表(おもて)に書くのは抵抗があるのでこっちに書きます。 17歳の3月10日に大学に合格して3月20日過ぎの春期講習ではクラスを受け持っていました。これ以上書くと誕生日から個人が特定されるので控えます。 …

わが破瓜発症の日々(3)

2018/02/03   -未分類

抑うつがいちばんきついときには、僕の場合、「街にも家にも居るのがつらい」に覆われた感覚、世界に対する自分の開示の仕方、のようになります。空間も、時間も、そうです。 先日、「考え過ぎ」が話題になっていま …

わが破瓜発症の日々(2)

2018/01/29   -未分類

僕のフォロワーさんに、福岡の東筑高校というところを出て九州大学に進んだ優秀な学生さんがいる。彼はポルダリングをやっていて筋肉にも恵まれ、申し分のない青春時代に見えるのだが、しばしば「あああ」とか「ポー …

プレゼント大作戦

2018/01/25   -未分類

部全体の評価対象者という意味では70人弱、その中で得意先やプロジェクトで密接に連携しているという意味では40人弱の部下がいます。よその部署でも何かしらの関係のある、あるいはかつてお世話になった「斜め下 …

手で考える人/口で考える人

2018/01/22   -未分類

手で考える人と口で考える人がいます。 手で考える人は紙面(パワーポイントを含む)に言葉を置くことで、その言葉によって思考に道筋が付けられます。 口で考える人は周囲の誰かと話すことで、その言葉によって思 …

型はあったほうがいい話

2018/01/21   -未分類

ビジネスには型があります。そしてその型は、文章の型に比べると、圧倒的に狭く、尖っている。ピンポイントが求められる型です、という話を少しだけします。 例えば上司が「予算の余りが回ってきそう。情報システム …

採用面接官 阿久正の話

2018/01/20   -未分類

第三の新人のひとりに(とされる)長谷川四郎という作家がいます。 https://ja.wikipedia.org/wiki/長谷川四郎 (作家) 1909年6月生まれ。生まれ日は太宰治と10日余りの違 …

職場を変えたら「まず街を」「次に人を」好きに

2018/01/20   -未分類

職場を変えることはこれまでにも数回ありました。そのときに僕が必ずやってきたことは何か。挨拶、飲む、を含むコミュニケーション、毎日のデスク周りの整理整頓……ではありません。それらはもちろんやります。(や …

色恋も嬶(かか)も小判も猫の夢(575)

2018/01/17   -未分類

だいたいその、もはや色恋に興味をなくしているというのはあります。 それでも、昨日今日と女性社員から「メンヘラさんはどんな女性がタイプなんですか」「興味がないといっても、好きになったらやっぱり『行きます …

メンヘラ部長が大泣きした日

2018/01/16   -未分類

とある講演会に行ってきました。私自身もたまには演台でしゃべることもあるのですが、今日は聞くほうです。みなさんどなたもご存じの大手チェーン店の経営理念がお題です。 平たくいえばこの失われた四半世紀に中産 …

Copyright© メンヘラ部長日乗 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.